あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

あべ小児歯科通信 2017年8月号

あべ小児歯科通信 2017年

8月号

No.158

TEL 35-8640

 

厳しい暑さが続きますね。花火大会やお祭りなどイベントが沢山ありますが水分補給をしっかりして、残りの夏を満喫しましょう(^○^)

 

◆Q&A◆

Q.「食後すぐの歯磨きは歯をすり減らす危険があるので、食後30分経ってから歯磨きをした方が良い。」という話を聞きましたが、本当でしょうか?

A.食後すぐの歯磨きが歯をすり減らすのは「酸蝕症」の為で、虫歯とは違います。

「酸蝕症」は強い酸が直接歯に作用して脱灰が起こるものです。強い酸が作用した後、すぐに強い力で歯を磨くと、歯のすり減りが起こる危険があるというわけです。

ただし、子供が通常の食事で摂る程度の酸は、酸の刺激で唾液の分泌も高まる為、唾液の中和作用や緩衝作用で酸は解消しやすいと言えます。

一般的な食事では、歯磨きで歯が溶ける事は、まずありえないでしょう。それより食後歯磨きをしないでいると、細菌が糖から酸を作って歯の脱灰を引き起こします。

通常は、酸の刺激で唾液の分泌が高まる為、酸が歯の表面に働く時間は短いのですが酸性飲料を頻繁に摂取したり、哺乳瓶で飲んだり、寝る前に飲んでそのまま眠ってしまったりすると、酸が働く時間が長くなって脱灰が起こりやすくなります。

また飲料に含まれる糖分が歯の表面のプラークの取り込まれる事でプラークの中の細菌による酸産生が起こり、これによっても脱灰が起こります。

脱灰したエナメル質は、酸の産生が止まって唾液の働きなどで酸が解消すると、唾液中のカルシウムなどを再吸収して元の状態に戻ろうとします(再石灰化)。

このように、酸が解消して再石灰化する時間が確保されれば問題はないのですが、酸から作られ続けて脱灰が進行すると、歯はもろくなって強い力が加わると崩れて穴が開いてしまいます。

酸性飲料は、頻繁に飲んでいると、酸によって歯が全体的に溶けやすくなるばかりでなく、飲料の中の糖分がプラークにしみ込んで虫歯を作ってしまいますので要注意です。

虫歯予防の為には、やはり食後の歯磨きが効果的であると考えられます。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈3歳の女の子の話〉

4歳の女の子が治療が終わって元気よく「ありがとうございました。」と挨拶をして診察室を出て行きました。

それを見ていた3歳の女の子のお母さんが

お母さん「すご~い。ちゃんとあいさつが出来てるね(^o^)」と感心して言いました。

すると診療チェアーに寝ていた3歳の女の子がむくっと起き上がり

女の子「ありがとうございました。」と元気よく挨拶。

お母さん「まだ治療終わってないよ~。」と慌てて止めました。

その元気いっぱいの声に皆は大笑い。和んだひと時でした(´▽)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA