あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月

あべ小児歯科通信 2022年1月号

あべ小児歯科通信 2022年

1月

No.207

TEL 35-8640

 

皆様、新年明けましておめでとうございます。今年も皆様のご多幸をお祈り致します。

この度あべ小児歯科を退職することになりました。約6年半、たくさんの笑顔に出会えた事は私にとってかけがえのない物になりました。

お別れするのがとても寂しいですが、またどこかで見かけたら声をかけて下さい。 脇坂(田村)早絵

 

QA◆

Q.虫歯は、どうしてできるのですか?また、どうして歯医者さんの道具は、音が出るのですか?

A.口の中にいる虫歯原因菌(主にストレプトコッカスミュータンスなど)が、糖質を利用して歯の表面にグルカンと呼ばれる、水に溶けないネバネバした物質(プラーク=歯垢)を作ります。

このプラーク(歯垢)が細菌を住みやすくし、その中の虫歯原因菌が糖質を利用して酸を作り、その酸が歯の表面を溶かす事で虫歯となります。

歯は硬いので、手で削るのは大変です。だから器械を使って治療します。

虫歯を取り除いたり、歯を削っていくタービン、エンジンと言われる器械は、電気モーターやエアー(空気の圧力)にスプレー状の水をかけるので、その音もします。

最近は技術開発も進み、以前に比べてかなり音も小さくなってきています。

そして口を開けているとそれらの削りカスや唾の飲み込みができないので、溜まる唾を吸い取るバキューム(吸引器)も掃除機のような音がします。

まるでお口の中を工事しているような音と振動があります。

どれも虫歯を早く、しっかりと治療するために必要なものです。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈2歳の弟と4歳の姉の話〉

弟くんの歯の治療が終わり、次はお姉ちゃんの治療になりました。

弟くんは手馴れた様子で、一人でドキドキアンパンチのおもちゃで遊び始めます。

「アンパンチ、ショクパンチ、メロンパンチ」

一人でおしゃべりしながらスティックを差して行きます。

お姉ちゃんの治療はまだ続いています。

弟くんは今度は魚釣りゲームを始めました。一人で楽しく魚を釣っていると、

ドクター「じゃあ赤い紙をカチカチして」

その言葉を聞いた弟くんは、素早く遊ぶのを中止すると帽子をかぶり、かばんを肩にかけ素早く帰り支度をしたのです。

まだ2歳なのに「赤い紙をカチカチ」の言葉に反応して帰り支度を完了とは、とてもしっかりとした弟くんなのでした。