あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月

あべ小児歯科通信 2021年7月号

あべ小児歯科通信 2021年

7月号

No.201

TEL 35-8640

 

梅雨が明け暑い夏がやってきましたね!冷房に当たり続けて風邪をひかないようしっかり体調管理を行いましょう!

 

◆Q&A◆

Q.4歳の男の子ですが、なぜ定期検診が必要なのですか?幼稚園の歯科検診で何も指摘されなければ、安心していいですか?

A.定期検診は虫歯を早く見つけるだけが目的ではありません。

小さい頃から、一人一人にあった歯磨きの方法や習慣を身につけたり、うまく生え替りが進んでいるか、あるいは歯並びや咬み合せの成長をチェックしたり、成長にあった食べ方が身についているかを見てもらったりする、大切な機会です。

乳歯の虫歯は、お母さんの気が付きにくい所で出来始めていたり、子供が痛みを訴えない事が多いなど、気が付いた時には進行している事も少なくありません。

治療した後も定期的に経過を見て永久歯の成長に影響がないかも観察していく事が大切です。

幼稚園や保育園の歯科検診では、集団のスクリーニング検査です。

多くの子供を対象に短時間に可能な方法で、お母さんや子供が気付いていない虫歯や歯並びなど認識する事が目的です。

治療が滞っている虫歯などの治療を促すことも目的です。実施回数も年に1回か2回です。

急速に成長するお子さんの成長の観察や一人一人の子供にあった歯磨き指導など健康づくりの面からも、適切な環境下での診査や確実な診断が可能な歯科医院での定期検診も併せて受けると良いでしょう。

小児歯科専門の歯科医院であれば、子供の成長に合ったより細やかな検診を受けられます。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈7歳と6歳の姉妹の話〉

今日は虫歯治療が終わって歯磨きチェックをする日です。

スタッフ「○○ちゃんと○○ちゃんは、今日歯磨きしてきた?」

姉妹「したよ~。」

スタッフ「それじゃあ鏡の所に行こうか。染め出しするね。」

姉「○○!ちゃんと座って!歯ブラシ持って!マスク外して!」

お姉ちゃんがテキパキと指示を出します。妹の染め出しが終わりうがいをしてもらうと、

姉「ほーら、汚い。前歯汚い!」

まるでお母さんみたいなお姉ちゃんに思わずスタッフは笑ってしまいました。

スタッフ「じゃあ次、お姉ちゃん染めるね。」

染めだし後、うがいをしてみるとなんとお姉ちゃんも妹ちゃんと同じ所が磨き残しが!

スタッフ「ピンクの所を磨いてねー。」

しっかり者のお姉ちゃんの事です。次はきっと上手に歯磨き出来る事でしょう。(^-^)