あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月

あべ小児歯科通信 2020年7月号

あべ小児歯科通信 2020年

7月号

No.189

TEL 35-8640

 

梅雨が開け、暑くなって来ましたね!しっかり体調管理をして夏に負けないようにしましょう!

コロナの影響で夏祭りが中止となってしましましたが、沢山遊んで楽しい思い出を作りましょう!

 

◆Q&A◆

Q.11ヶ月の息子ですが、舌が他の子より短いような気がします。授乳には特に支障をきたしていませんが、将来咀嚼や発音など何か心配ないでしょうか?

A.舌の裏側のすじ(舌小帯)が短く、舌の運動範囲が狭い(少ない)場合、舌小帯短縮症と言います。

授乳に際して母親にも子供にも特に支障をきたす事なく、さらに母親に乳腺炎が見られたり、子供の体重が増加しないという事がなければ経過を観察するだけで良いでしょう。

ただし、3歳過ぎて食べ物をよくこぼす、食べ方や発音が気になる場合は小児歯科専門医に相談しましょう。

場合によっては舌小帯の手術(舌小帯形成術)を行い、機能的に舌の運動範囲を普通の子供と同じ程度になるまで回復させた方が良い事もあります。

また、舌ではなく上唇の裏側のすじ(上唇小帯)が上の前歯のすぐ近くまで伸び、上の前歯の間に隙間があるお子様を見かける事が時々あります。

上唇小帯が長い為に歯磨きの時に嫌がる事もあります。上の前歯が生えてくると多くの子供で歯と歯の間に隙間があり、

上唇小帯も前歯の隙間近くまで伸びている事がしばしばありますが、永久歯が生えてくる78歳までは経過を見ても良いでしょう。

歯磨きに関しては、すじに直接歯ブラシを当てると痛がり、歯ブラシを嫌がるようになります。

保護者の指でしっかりと上唇をめくり、小帯(すじ)が見えるようにします。その後、すじをさけて一本ずつ磨くようにします。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈7歳の男の子の話〉

スタッフ「じゃあ診療チェアーに横になってね。」

男の子「お母さん、グーンして!」

お母さん「え~、〇〇くんもう重たいよ。」

スタッフ「???グーンって…」

お母さんは男の子をお姫様抱っこすると、診療チェアーに乗せました。それを見て、

スタッフ「あっ、グーンってお姫様抱っこの事だったんだ。」

お母さん「〇〇くん、お姫様抱っこだって、おかまちゃんじゃん。」

男の子「えーーー!!」

ちょっと嫌そうに呟きました。そして次の来院日から毎回、お母さんのお姫様抱っこで診療室に入って来ました。

男の子「楽しい!!」

とっても楽しそうに大はしゃぎ(o^―^o)

いつもしっかりした男の子ですが、まだまだお母さんに甘えたかったんだね(^-^)