あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月

あべ小児歯科通信 2021年9月号

あべ小児歯科通信 2021年

9月号

No.203

TEL35-8640

 

皆さん、今年も猛暑の夏でしたね。残念ながら昨年同様コロナ禍の夏でしたが、きっとご家族で東京オリンピックの観戦をされた事でしょう。日本人選手が多数のメダルを獲得できて良かったですね。

 

◆Q&A◆

Q.歯はどうやってできるのですか?また、どうして子供の歯と大人の歯があるのですか?

A.乳歯も永久歯も、お母さんのお腹にいる時(妊娠7週目頃)から出来始めます。

将来の口になる表面の上皮の細胞からでき、木の小枝に花芽ができるように次第に細胞の数を増やしながら内側に膨らんでいきます。

完全に歯が出来上がるのは、歯が生えてきて数年後です。

歯は口の中に見える歯冠部と顎の骨に埋まって支えとなっている歯根部からなっています。

また歯の構造には歯冠部の一番外側を最も固いエナメル質、そに内側にある象牙質、歯根部のまわりを覆っているセメント質、神経と言われる組織のある部分が歯髄と呼ばれています。

乳歯は胎児期から作られ始め、3歳頃までには全てが生えてきます。

永久歯は、歯の芽が作られるのは胎児期ですが、生後6年から10年近く経って生えそろいます。

食物を摂取して生きていくために歯が必要ですから、早く乳歯に活躍してもらわなくてはなりません。

子供の顔と顎は小さいので小さい乳歯が必要であり、成長に伴って顎は大きくなり、より大きく丈夫な歯が必要になります。

しかし、一度作られて生えてきた歯は大きくならないので、成長すると乳歯では不十分となるため新しく生え替わったり、乳歯の奥歯のさらに後ろから6歳臼歯や12歳臼歯と呼ばれる第一大臼歯や第二大臼歯が生えてきます。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈5歳の男の子な話〉

男の子「昨日、歯の治療頑張ったから鬼滅の刃のDVD観たんだ。」

ドクター「へ~良かったね。面白かった?」

男の子「うん。だから今日も歯の治療頑張るんだ。」

ドクター「じゃあ今日も頑張ってね。」

男の子「うん。頑張ったらね、今日はテレビゲームしていいんだよ。」

男の子はニッコリ笑うと得意げに言いました。

ドクター「そうなんだ。今日も頑張ってるからテレビゲームできるね。」

母親「ちょっと○○くん、そんな約束してないでしょ!!」

ドクター「??」

母親「この子が今突然言い出した事なんですよ。」

男の子はペロッと舌を出すと、

「パパの時には上手くいったんだけどな~、作戦失敗。」

と小さな声で言いました。流石はお母さん、一枚上手でしたね。