あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月

あべ小児歯科通信 2020年3月号

あべ小児歯科通信 2020年

3月号

No.185

TEL 35-8640

 

もうすぐポカポカの春がやって来ますね。

待ち遠しいですね(^▽^)/♪

そして、3月いっぱいであべ小児歯科を退職させて頂く事になりました清水彩花です。

沢山のお子様の治療を御家族の皆様と一緒にサポートする事ができて嬉しかったですし、楽しかったです。

これからも毎日歯磨きを頑張って下さいね。ありがとうございました!

 

◆Q&A◆

Q8ヶ月の男の子ですが、歯に白い線がついていて、歯ブラシで磨いても取れません。これは何ですか?

まだ、お菓子などは与えてないのに虫歯のなりかけなのでしょうか?

A.歯の白い線は白斑(はくはん)と言って、虫歯のなりかけです。特に唾液による自浄作用(自然に生じる清浄力)が悪い上の前歯に多く見られます。

白斑になっている部分の汚れをしっかりと毎日除去し(歯ブラシを当てる)、フッ化物の塗布など行うと「再石灰化」してもとのような歯に戻る可能性があります。

このままほうっておくと、茶色い線になり、穴があいてしまいます。

虫歯は四つの条件が揃った時になります。歯と虫歯菌(ミュータンス菌など)と糖分と時間が四つの条件ですが、その中の糖というのは砂糖だけではありません。

炭水化物や果物にも糖が入っています。ここに、その他の条件が揃うと虫歯が発生します。

虫歯は、歯の表面に付着したプラークの中の細菌(虫歯菌)が、食べ物の糖分を分解して酸を作り、その酸が菌を溶かす事で発生します。

また、寝ている間は唾液の分泌が減少するため、寝る前に酸性の飲食物を摂って、そのまま寝てしまうと、酸蝕を起こしやすくなります。

汚れが長く付いてる時間を少なくするために食後は歯磨きをしましょう。ただし、8ヶ月では普通虫歯はできません。

哺乳ビンでイオン飲料を飲ませるなどの明らかな理由があると思われます。

小児歯科専門医またはかかりつけの歯科医院を決めてご相談下さい。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈4歳の女の子の話〉

治療が終わり、プレゼントを選ぶ女の子。

スタッフ「今日でおしまいだからプレゼント選ぼうか!」

女の子「私、キラキラのアクセサリーが好きだから、これとこれ迷う。どっちも欲しくて選べない。」

スタッフ「こっちはどうかな…」

女の子「それもいいけど、こっちも…」

スタッフ「じゃあ、今日はこれにして、今度またフッ素しに来た時にはもう一つの方にするのはどうかな?」

女の子「わー!そうする!また来るね!」

スッキリして喜んで帰っていった女の子でした。