あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月

あべ小児歯科通信 2021年3月号

あべ小児歯科通信 2021年

3月号

No.197

TEL 35-8640

 

穏やかな日差しに春の訪れを感じるこの頃、今年度もいよいよわずかとなりました。

入学や進級が待ち遠しいですね!残りわずかの日々を大切に楽しみましょう!

 

◆Q&A◆

Q.2歳5ヶ月の娘の仕上げ磨きを毎日していますが、歯ブラシはどのくらいで交換したら良いですか?また歯磨剤はいつから使ったら良いですか?

A.歯ブラシの交換時期は、歯ブラシの毛が開いて後ろから見て毛先が歯ブラシのヘッドからはみ出してきた時です。

歯ブラシは毛が一番重要です。

毛先が広がった歯ブラシを使うと、汚れがしっかり落ちてなかったり、歯肉を痛めたりする事もあります。

個人差もありますが1~1.5ヶ月に1本ぐらいを目安に交換すると良いでしょう。

ただ、低年齢のお子様の場合歯ブラシをよく噛んでしまう事があります。

噛んだまま仕上げ磨きをすると、すぐに歯ブラシがダメになってしまいますので、その様な時は一度歯ブラシを口から出して下さい。

そして指をお子様の口の中に入れてよく見れる状態にして、まずは歯の外側を上下磨き、口を開けた瞬間にすばやく咬み合せの面と歯の内側を磨くようにしてみて下さい。

初めは60~70点ぐらいを目標に毎日続けて下さい。

小さいお子様の場合は、仕上げ磨き専用の歯ブラシを別に用意しておくと良いでしょう。

歯磨剤による虫歯予防効果は歯磨剤に含まれるフッ化物によるものです。

お子様が嫌がらなければ歯が生え始めたら使用して良いでしょう。

ただし、使う量には注意が必要です。生え始めてから2歳頃までは切った爪程度の少量、3歳~5歳では5mm以下でお願いします。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈2歳の男の子の話〉

スタッフ「A君どうぞ~。」

A君ママ 少し困ったように「一緒にいてあげたいけど…」

そう言って抱っこしていた0歳の赤ちゃんを見つめた。

いつもなら手の空いているスタッフがお母さんに替わって赤ちゃんを抱っこするのです

が、あいにく今日は手の空いているスタッフがいません。困ってるA君ママに待合室にい

たB君ママが声を掛けてくれました。

B君ママ「赤ちゃん私が見ておきますよ。」

A君ママはB君ママにお礼を言って赤ちゃんを預けました。

すると近くでおもちゃで遊んでいたB君が赤ちゃんをじっと見つめていました。

B君「うぇ~ん、ママ~。」

B君は突然泣き出すと、赤ちゃんを抱っこしているB君ママの所に駆け寄りました。そ

してママに必死になってしがみつきました。

周りの人はそんなB君が可愛くて微笑ましく思いました。

そうだよね。B君まだ2歳だもんね。大好きなママを取られたように思ったんだね。マ

マを貸してくれてありがとう。