あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

あべ小児歯科通信2018年5月号

あべ小児歯科通信 2018年

5月号

No.167

TEL 35-8640

 

若葉の緑も日に増しに色まさり、風薫るさわやかな季節になりましたね。

今年のゴールデンウィークは皆様は、どのようにお過ごしでしょうか?

充実した楽しいゴールデンウィークになればいいですね(^▽^)

 

◆Q&A◆

Q.歯の生える順番が気になっています。歯の生える時期が遅く、1歳になっても上の前歯が4本、下の前歯が2本しか生えていません。

前歯が2本生えた後に3本目と4本目は同時に生えてくると聞いて心配になりました。

A.乳歯は生後6ヶ月~8ヶ月頃から生え始め、1歳までに上下の前歯が4本ずつ(合計8本)生え、

13ヶ月くらいで最初の奥歯(第一乳臼歯)が生え始めるのが平均的です。

1歳までに1本でも生えてきているようでしたら、特に問題はないでしょう。

生える順序についても下の真ん中の歯(乳中切歯)から生え始めるのが最も一般的ですが、

上の歯から生え始める子や、わきの歯から生え始める子など様々で、例外的な子が2割程度はいるため、特に異常ではありません。

わきの歯がはえてから、次いで真ん中の歯が生えてくれば問題ありません。

ただし前歯が生えないうちに奥歯が生えて来るというものは、生え方の異常です。

前歯が先天欠如の場合もあるので、歯科受診をお勧めします。

また、1歳を過ぎても全く歯が生えず歯ぐきに膨らみも認められない場合も

歯科受診してX線写真などで検査してもらうと良いでしょう。

16ヶ月で公的な歯科検診もあるので、生え方が心配な場合はその時相談してみて、

必要と判断されたら歯科を受診する事にしても、特に問題はないでしょう。

乳歯の数や形の異常が見られる場合は、永久歯への生え替わりまで経過をみる必要があります。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈3歳の男の子の話〉

先生「はい、これで終わりだよ。プレゼント選んで帰ってね。」

3歳の男の子は手鏡をぐっと握って嬉しそうにのぞいている。

お母さん「〇〇くん、鏡を先生に返そうか。」

男の子「鏡持って帰りたいな。返さないとダメ?」

スタッフ「あの箱にプレゼントが入ってるよ~!好きな物選ぼうか?」

男の子「僕この鏡がいいな~。鏡がいい。」

手鏡をぐっと握ってうつむく男の子ついには手鏡と別れるのが辛くなって泣きだしてしまいました。

古くて小さな手鏡でしたが、なぜかとても気に入ってくれた男の子。

「次の検診の時まで手鏡も一緒に待ってるよ~。」と男の子に声かけしたスタッフ一同でした♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA