あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

あべ小児歯科通信 2018年10月号

あべ小児歯科通信 2018年

10月号

No.172

TEL 35-8640

 

すっかり秋らしくなり、過ごしやすい気候となりましたね。

色々とお出掛けしたり美味しい物を食べたりして秋をエンジョイしましょう!

 

◆Q&A◆

Q.5歳の女の子ですが、下の前歯が上の前歯より前方にある歯並びをしています。

いつから矯正治療を始めたら良いでしょうか?

A.歯科矯正治療を開始する時期は、患者さんの歯並びや嚙み合わせの状態、年齢などによって大きく異なります。

まず食べる時に、アゴが楽な場所で邪魔されずに動いているかをチェックします。

アゴを前後左右にズラさないと噛めない場合には、乳歯の時期でも開始する事があります。

歯のデコボコがひどくなりそうな場合や出っ歯になりそうな場合も、

成長する力の残っている若い時期であればより積極的な治療が可能となるため、早目に矯正歯科を受診されるようお勧めします。

またアゴの骨の大きさに問題のある受け口(骨格性反対咬合)などで、

骨の成長を見極め、タイミングを選んでコントロールする必要がある場合には、治療の時期を何回かに分ける事もあります。

さらに若い時はきれいな歯並びであっても、年齢とともに歯並びは変化します。

特に、親知らず(8番目の歯)に押されたり、虫歯で歯を失くしてから長い時間ほうっておいたりした場合には、

噛み合わせは、大きく変化します。

そのような中高年になってから生じた歯並びや噛み合わせの不正に対しても矯正治療が必要となります。

矯正治療によって歯を移動させる事は何歳になっても可能ですが、

その際特に歯ぐきや歯を支えている骨が健康である事が必要な条件とされます。

5歳の女の子でアゴの動きを歯科医院で検査してもらい、動きが悪いようでしたら、

乳歯列の時期から第一期治療を開始し、永久歯の前歯が生えてから第二期の治療を行う場合もありますし、

アゴの動きが良いようでしたら、永久歯の上下の前歯が生えるまで経過観察する場合もあります。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈3歳の女の子の話〉

頑張って治療を終えた女の子。最後にプレゼントを選ぶ事になりました。

女の子「私これにする!」と選んでくれた後で

女の子「パパにもプレゼントあげる!」と言いだし…。

お母さん「パパはなにも頑張ってないでしょ!」

すると

女の子「パパも歯医者さんにいかんといけんね~!」

お父さんにもプレゼントをあげたい女の子の子持ちをとても微笑ましく思ったスタッフでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA