あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月

あべ小児歯科通信 2019年9月号

あべ小児歯科通信 2019年

9月号

No.179

TEL 35-8640

 

皆さん今年の夏休みは、いかがでしたか?お盆休みは大型台風の影響で大変でしたね。9月は秋晴れの日が続き、楽しい運動会になればいいですね。

 

Q&A◆

Q14ヶ月の女児ですが上手く噛めないで丸のみしているようです。大丈夫でしょうか?またご飯を口の中に入れた後、すぐに水や麦茶を含みます。水で流し込んでいるようですが大丈夫でしょうか?

A.奥歯が生え揃わない12歳代は、咀嚼が未熟で噛みにくい食品も多いものです。噛んだだけで口から出てしまったり、溜めていたり、また食欲のまさった子供は丸飲みをしてしまいます。

丸飲みが習慣になると食事時間が早くなり、食の満足感が得にくくなったり、唾液の分泌が減少して口の中の自浄性が低下します。

早食いはまた過食に繋がり、肥満になりやすく、成人期の生活習慣病の原因にもなりがちです。上手く噛めないで丸飲みしているようでしたら、少し噛みやすい食形態に調整したり、噛み潰しやすい煮野菜などをやや大きめにカットして噛む習慣をつけるといいでしょう。

また、食事をゆっくり楽しめるような環境づくりも大切です。ご飯の時はなるべく水の入ったコップなど近くに置かないようにしましょう。しっかりと噛んで、唾液を沢山出す事によって、消化が良くなります。

水分は食後取るようにしましょう。小学校に入って、給食の牛乳がなくなると同時に食べるのを止める子供が増えています。水分がないと食べるのが苦痛になるようです。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈6歳と4歳の兄妹の話〉

先生「歯の根っこの治療は終わったから今度は白い歯を被せるからね。」

6歳の男の子「先生!僕銀歯がいい。お母さんは2本も銀歯があるんだよ。だから僕は銀歯が3本欲しいな。」

先生とスタッフが「…」となっていると、4歳の妹ちゃんも負けずに

4歳の妹「私も銀歯が欲しい!1本でもいいから銀歯にして下さい。」

お母さん「お母さんは白い歯がいいわ。」

男の子「分かった。じゃあ僕お母さんの銀歯貰う。お母さんには僕の白い歯あげるよ。」

先生・スタッフ・母親 苦笑い

子供たちに意外に人気の銀歯でした!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA