あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月

あべ小児歯科通信 2021年2月号

あべ小児歯科通信 2021年

2月号

No.196

TEL 35-8640

 

今年は昨年より雪が多く降り、寒い冬となりましたね。まだまだ降りそうな予感、皆様風邪などひかないように気をつけてお過ごし下さい(^-^)

 

◆Q&A◆

Q.5歳2ヶ月の女の子ですが、道路で転んで歯茎から出血しています。上の前歯がグラグラして、1本は歯の先も欠けています。歯は大丈夫でしょうか?

A.早めに小児歯科医院を受診してX線写真を撮影してもらい、

グラグラの歯が折れていないか、歯と骨の隙間に(歯根膜腔)は広がっていないかなど詳しく調べてもらいましょう。

歯の固定方法としては、動揺が少ない場合にはプラスチックで固定するだけで良い場合もありますが、

動揺がひどい場合にはワイヤーやシーネで強力に固定し、固定している期間も長期間必要になる場合もあります。

またX線写真では歯は折れていなくても歯の中の神経や血管が損傷を受けた場合は、数日から数ヶ月後に歯が変色してきたり、

歯茎に膿がたまって腫れて痛みが出る場合もあります。

そのような症状が出た場合には、腐った神経を取り除いたり膿を出して、永久歯に影響が行かないような処置が必要になります。

欠けた前歯については、ほんのわずかな場合には、切緑を丸めるだけで様子を見る場合もありますが、

かなり大きく欠けている場合には、プラスチック(レジン)にて欠けた部分を修復する必要があります。

また、欠けて歯の中の神経まで損傷している場合には麻酔を行った後、

神経の除去(麻酔抜髄)の処置を行わなければならない場合もあります。

しっかり乳歯の処置を行えば、永久歯は正常に萌出してきます。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈4歳の男の子の話〉

治療が終わった男の子がむくりと起き上がると、

男の子「先生、今日はすぐに食べても大丈夫?」

先生「そだね、今日はすぐに食べても大丈夫だよ!」

男の子の顔がパット明るくなると、

男の子「じゃあ帰ったらすぐにチョコレート食べようっと!!

スタッフ・先生:「えー、えー!!

スタッフ「また虫歯ができちゃうよ…ω;`)

母「チョコレートじゃなくてね、甘いお菓子にしょうか。」

男の子は少ししょぼんとして

男の子「は~い。でもチョコ食べたかったな…」

うんうんその気持ちはよく分かるよ、歯磨き頑張って好きな物食べれるようになろうね。