あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月

あべ小児歯科通信 2021年6月号

あべ小児歯科通信 2021年

6月号

No.200

TEL 35-8640

 

今年は例年よりも早く梅雨の季節となりましたね。6月は歯の健康週間がありますので、皆さんこの機会にもう一度歯磨きの仕方など見直されてみてはいかがでしょうか?^-^

 

◆Q&A◆

Q.3歳2ヶ月の男児ですが、甘いお菓子やジュースが大好きです。上手な食べ方を教えて下さい。また、キシリトールは虫歯にならないのですか?キシリトールの食べ方を教えて下さい。野菜ジュースは虫歯になりませんか?

A.甘いお菓子やジュースを全く食べてはいけないわけではありません。

おやつの時間を決め、だらだら食べない事です。

子供のおやつにはエネルギーの補給や心の満足感を得るという意味もあります。

甘いもの以外にも、色々な食べ物を加えてあげる事も大切です。

食べた後には、歯磨きをするようにしましょう。できなければお茶かお水を飲ませたりする事でも、虫歯を予防できます。

キシリトールは糖アルコールの一種で、虫歯の原因菌が存在しても歯を溶かす酸が作られず、さらにその菌が増えるのを阻止すると言われています。

そのため虫歯になりにくいとされています。

現在、ガム、チョコレート。キャンディーなどの中に含まれて売られています。

ただし、キシリトール100%でなく、砂糖を含めた他の甘味料が含まれている場合がありますので、その食品の成分表示を見て選択しましょう。

また子供の味覚形成の上では甘党になり、薄味の食品や食べ物の持つ本来の食材の味が学習できなくなる可能性もありますので利用に関しては、小児歯科医院でご相談下さい。

また、食べ過ぎると下痢しやすくなるので十分注意しましょう。

野菜ジュースは栄養を補給するといった意味では良いですが、糖質が含まれている物もあるので、飲み方によって虫歯になる可能性があります。

飲みすぎやだらだら飲む事は避けましょう。

野菜を食べる事は栄養をとるだけででなく、季節を感じたり食感を感じたりする事で、豊かな生活にも繋がる事からも大切です。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈5歳の女の子の話〉

待合室で会計を待っていた5歳の女の子。

ふと窓の外に目をやると、近くの保育園の子供達が散歩しているのに気がつきました。

女の子「お母さん見て、かわいいね~。何歳くらいかな?」

母「あなたよりちょっと小さい子供達かな?」

女の子「そうなんだ。かわいいな~皆元気に大きくな~れ。」

女の子は優しい顔で保育園の子供達にエールを送りました。

スタッフ「○○ちゃん、昔は治療でちょび泣きしてたのにすっかりお姉さんになって…。」

女の子がどんどん成長していく姿を見て、嬉しくなったスタッフでした。