あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月

あべ小児歯科通信 2021年11月号

あべ小児歯科通信 2021年

11月号

No.205

TEL 35-8640

 

日に日に寒くなり、鍋の美味しい季節になりましたね。もう少しで2021年も終わりますね。コロナやインフルには気を付け、残りの2ヶ月楽しく過ごしましょう!

 

QA◆

Q.58ヶ月の男の子ですが、電動歯ブラシを使用してもいいですか?また、一番奥に大人の歯が生えてきました。虫歯にならないようにするにはどうしたらいいでしょうか。

A.最近では電動歯ブラシも沢山種類が販売されていて、かなり良くなってきていますので使用してもかまいません。

ただし、使い方や歯ブラシの回転方向によっては歯肉が傷ついたり、下がったり(退縮)します。

また、歯並びや歯の形によっては細かい所まで電動歯ブラシの毛先が届きにくい事もあります。

かかりつけの歯科医師に相談し充分な指導を受けてから使用した方が良いでしょう。

また、歯ブラシの大きさや重さも色々あり、子ども自身では充分使い切れない事もあります。

保護者の方が仕上げ磨きで使用するにしても、電動歯ブラシだけに頼らず手用歯ブラシも使えるようにしましょう。

6歳頃に乳歯のさらに奥に生えてくる大人の歯を第一大臼歯(6歳臼歯)といいます。

お口の一番奥に生え、さらに歯の噛む面を歯ぐきが覆っている期間が長く歯ブラシがうまく当たらずに虫歯になりやすい所です。

丁寧に歯ブラシを当てるとともに、歯科医院で予防処置をしてもらいましょう。

シーラントと言って、虫歯になりやすい第一大臼歯(6歳臼歯)の噛む面をあらかじめ、セメントやプラスチックで埋めて虫歯予防をする方法です。

生えてきて間もない永久歯を虫歯にならない強い歯にするには、「フッ化物の塗布」も有効です。

小児歯科医院を受診しケアして下さい。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈5歳と12歳の兄弟の話〉

5歳の弟くんはおりこうに治療が終わりプレゼントを選んでニッコニコ。

しばらくプレゼントで選んだおもちゃで遊んでいましたが、急に不機嫌になりました。

スタッフ「??」

スタッフ「塗り絵選ぶ?石膏の人形もあるよ。」

男の子はしばらく選んでいましたが、

男の子「やっぱりいらない・・・。」

めずらしく不機嫌な様子に皆「??」

その時、治療が終わった12歳のお兄ちゃんが出てきました。

弟「お兄ちゃん、プレゼントで選んだおもちゃが壊れちゃった。」

兄「しかたないな~。」

優しいお兄ちゃんは自分が選んだプレゼントのノートを弟くんに差し出しました。

兄「ほら、替りにこれあげるよ。」

弟「うん、ありがとう」

本当はおもちゃが欲しかった弟くんは、ちょっぴり残念そうにノートを受け取ったのでした。しっかり者のお兄ちゃんの優しさにほっこりしたひとときでした。