あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

あべ小児歯科通信 2023年1月号

あべ小児歯科通信 2023年

1月号

No.219

TEL 35-8640

 

寒さの厳しい毎日が続いておりますが、皆様くれぐれもご自愛下さいますよう願っております。

スタッフ一同、皆様の御健康と御多幸をお祈り致します。

 

◆Q&A◆

Q.4才の男の子ですが、転んで上の前歯が抜けました。病院へ持って行った方がいいですか?

A.歯は骨のくぼみに植わっているので、強くぶつかると脱臼と言ってスポッと抜けてしまう事があります。

この場合、抜けた歯を乾燥させずに早く歯医者さんで処置してもらう事ができれば元に戻す事が出来る事があります。

大事な事は①乾燥させないように歯の保存液(学校の保健室にある場合もあります。)や

生理食塩水、冷たい牛乳などに漬けて、とにかく乾燥させないで出来れば30分以内に行きましょう。

また②歯の根の部分には触らないで歯科医院へ持参しましょう。

完全脱臼歯の治療は再植のため、歯根膜のダメージを最小限にとどめる必要があります。

水道水は低浸透圧のため水道水で洗うと歯根膜にダメージを与える事から適切ではありませんし、ダメージを受けるため使用しないで下さい。

9歳ぐらいで、上の前歯の永久歯が外傷で破折した場合には、折れた歯が細かくなければ拾って歯科医院まで持って行きましょう。

自分の歯をレジンという接着剤で接着する事が出来たり、歯と同じような色のプラスチックで元歯の形に治せる場合があります。

歯の割れ方によっては歯髄に影響がある事もありますので、なるべく早く受診して下さい。

折れた歯の保存には気を付けて下さい。保存液がありましたら、その中に漬ける事がベストです。

乾燥させない事が重要です。牛乳がなければサランラップに包んでおくだけでも結構です。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈5歳の男の子とおじいちゃんの話〉

虫歯の治療におじいちゃんと2人で来院して来た男の子

治療チェアに座る時、隣のチェアで頑張っている男の子をチラリと見て

男の子「ねえ、あの子何歳?」

スタッフ「3歳1ヶ月だよ。」

男の子「ふ~ん。小さいのに泣かないで頑張っているね。」

おじいちゃん「おまえも頑張れよ。」

男の子「う~ん。だって僕怖いんだもん。ちょっとだけ泣くかも。」

おじいちゃん「治療を頑張らないで、家でチョコばかり食べていると1本虫歯を直してもらっても、次に来る時には虫歯が新しく2本増えてしまうぞ。」

男の子「…」

おじいちゃん「治療頑張らないと、いつまでたっても治らなくなるかもよ。」

男の子「う~ん」

男の子はしばらく黙って考えた後、虫歯治療を頑張り始めました。

男の子「家でも歯磨き頑張るよ。」

おじいちゃんのアドバイスに頑張る決心をした男の子にスタッフ一同感心したのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA