あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

あべ小児歯科通信

あべ小児歯科通信 2023年2月号

あべ小児歯科通信 2023年

2月号

No.220

TEL 35-8640

まだまだ寒い日が続きますね。風邪などには気を付け元気に過ごしましょう!

 

◆Q&A◆

Q.6歳の男の子ですが、上の前歯が生えてきたら、上下逆の噛み合わせになっていました。親指や割り箸で押して治りますか?

A.自力矯正には主に4つのリスクがあります。

まずは治そうと思っていた歯以外にも力が加わり、他の歯や骨にも影響が及びさらに歯並びが悪くなる可能性があります。

自力矯正で正しい位置に歯を動かす事は非常に困難です。

2番目に、歯の寿命が短くなる可能性があります。歯を動かすには力が強ければいいわけではありません。

歯の移動には、適した最適な矯正力(至適矯正力)があり、自分で歯を動かそうとして不適切な力を加えてしまうと、

歯や歯を支えている骨に大きなダメージを与える事になり、その結果、歯の寿命が短くなってしまう可能性があります。

3番目に、力が強すぎると最悪のケースでは、歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。

4番目に自分で無理に歯を動かした結果噛み合わせのバランスが崩れると、全身の筋肉のバランスも崩れ、頭痛や肩こりや顎関節症を引き起こす可能性もあります。

以上のリスクを考えると自力で矯正するのはとても危険です。

やはり歯科医院を受診し、検査、診断してもらってから歯科矯正治療を行ってもらう方が、安全で綺麗な歯並びになります。

小中学生で矯正治療を始めれば、医療費控除の対象にもなりますし、治療費の分割払いも可能ですので、一度無料カウンセリングを受けられたら良いかと思います。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈6歳の女の子の話〉

予防のお薬だけだと思って来院した女の子。

先生「虫歯が出来てたから、少しだけ削るね。」

女の子「嫌だ~(泣)」

泣きながら何とか頑張った女の子。

先生「頑張ったね。後は詰めるだけだからね。」

女の子は、もう泣かずに上手に治療が出来ています。

そこへ次の治療予定の男の子が入って来ました。

男の子「あのお姉ちゃん泣かずに治療してる。すごいな~。」

女の子のお母さん、スタッフ、先生「(笑)(笑)(笑)」

女の子のお母さん「さっきまで泣いてたの見せてあげたいわ(笑)」

女の子「しー。」

男の子に褒められてちょっぴり恥ずかしそうにしていた可愛い女の子でした。

あべ小児歯科通信 2023年1月号

あべ小児歯科通信 2023年

1月号

No.219

TEL 35-8640

 

寒さの厳しい毎日が続いておりますが、皆様くれぐれもご自愛下さいますよう願っております。

スタッフ一同、皆様の御健康と御多幸をお祈り致します。

 

◆Q&A◆

Q.4才の男の子ですが、転んで上の前歯が抜けました。病院へ持って行った方がいいですか?

A.歯は骨のくぼみに植わっているので、強くぶつかると脱臼と言ってスポッと抜けてしまう事があります。

この場合、抜けた歯を乾燥させずに早く歯医者さんで処置してもらう事ができれば元に戻す事が出来る事があります。

大事な事は①乾燥させないように歯の保存液(学校の保健室にある場合もあります。)や

生理食塩水、冷たい牛乳などに漬けて、とにかく乾燥させないで出来れば30分以内に行きましょう。

また②歯の根の部分には触らないで歯科医院へ持参しましょう。

完全脱臼歯の治療は再植のため、歯根膜のダメージを最小限にとどめる必要があります。

水道水は低浸透圧のため水道水で洗うと歯根膜にダメージを与える事から適切ではありませんし、ダメージを受けるため使用しないで下さい。

9歳ぐらいで、上の前歯の永久歯が外傷で破折した場合には、折れた歯が細かくなければ拾って歯科医院まで持って行きましょう。

自分の歯をレジンという接着剤で接着する事が出来たり、歯と同じような色のプラスチックで元歯の形に治せる場合があります。

歯の割れ方によっては歯髄に影響がある事もありますので、なるべく早く受診して下さい。

折れた歯の保存には気を付けて下さい。保存液がありましたら、その中に漬ける事がベストです。

乾燥させない事が重要です。牛乳がなければサランラップに包んでおくだけでも結構です。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈5歳の男の子とおじいちゃんの話〉

虫歯の治療におじいちゃんと2人で来院して来た男の子

治療チェアに座る時、隣のチェアで頑張っている男の子をチラリと見て

男の子「ねえ、あの子何歳?」

スタッフ「3歳1ヶ月だよ。」

男の子「ふ~ん。小さいのに泣かないで頑張っているね。」

おじいちゃん「おまえも頑張れよ。」

男の子「う~ん。だって僕怖いんだもん。ちょっとだけ泣くかも。」

おじいちゃん「治療を頑張らないで、家でチョコばかり食べていると1本虫歯を直してもらっても、次に来る時には虫歯が新しく2本増えてしまうぞ。」

男の子「…」

おじいちゃん「治療頑張らないと、いつまでたっても治らなくなるかもよ。」

男の子「う~ん」

男の子はしばらく黙って考えた後、虫歯治療を頑張り始めました。

男の子「家でも歯磨き頑張るよ。」

おじいちゃんのアドバイスに頑張る決心をした男の子にスタッフ一同感心したのでした。

あべ小児歯科通信 2022年12月号

あべ小児歯科通信 2022年

12月号

No.218

TEL 35-8640

あっという間に一年が終わりますね。皆さんはこの一年満喫できましたか?

来年も楽しく過ごしましょう!

 

◆Q&A◆

Q.5歳と3歳の兄弟ですが、兄は奥歯に虫歯治療をしてもらい、銀歯と白い詰め物を以前してもらいました。

一度治療すれば虫歯にならないですか?また弟は検診でCOと言われました。どういう意味ですか?また、歯に良い食べ物はありますか?

A.銀歯になっていても、歯磨きが不十分でプラークが付いていれば、銀歯の周りから虫歯になってきます。

治療して銀歯(詰め物)になっていても、歯と銀歯(詰め物)の間には、目に見えない隙間があります。この虫歯を二次カリエスと言いますが、治療範囲がどんどん広がっていきます。治療後のケアが大切です。

COというのは、要観察歯の事で、現在は虫歯ではありませんが、口の中の環境が悪ければ(歯磨きが十分でなく、プラークが付いている、甘い物をたくさん食べるなど)、治療が必要になる可能性が高い状態の歯を言います。

歯の表面は白く濁っていたり、白色や褐色の斑点になっていて、虫歯の穴は開いていません。

虫歯にならないように、歯磨きや、おやつなどに気をつける事と、歯医者さんでフッ化物を塗布してもらうなど定期的に受診して、観察してもらう事が大切です。

歯にカルシウムが多く含まれていると言っても、カルシウムを摂取する事だけが必ずしも歯を強くするとは、限らないようです。

大切な事は、ミネラル(カルシウム、リン、鉄)、ビタミン、蚕白質などの栄養をバランスよく取れるようにする事です。

また元気に外で体を動かして遊ぶ、運動すると太陽からビタミンDを取り込み、健康な歯が作られます。また、全身の筋肉の発達が噛む力を育てます。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈虫歯の治療で来院した兄妹〉

妹ちゃんは小さな虫歯だった為、あっという間に治療が終わりました。

一方お兄ちゃんは虫歯の数も多く治療中にちょびっと涙が出てしましました。

スタッフ「○○くん大丈夫だよー。」

スタッフがお兄ちゃんを励ましている声を聞いた妹ちゃん、素早く兄のそばに来るとそっと手を握りました。

兄「痛くないから。」

少し恥ずかしかったのか、妹の手を振り払います。

妹「お兄ちゃん頑張れ。」

妹ちゃんは、また兄の手を取るとぎゅっと握り締めました。お兄ちゃんも妹の応援で力が出たのか、その後頑張って治療を終える事が出来ました。

しっかり者で優しい妹ちゃんにスタッフ一同ほっこりさせられたのでした。