あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

あべ小児歯科通信 2019年3月号

あべ小児歯科通信 2019年

3月号

No.173

TEL 35-8640

 

2月よりあべ小児歯科で歯科助手として勤務させて頂く事になりました、渡邉佳奈子です。

1日でも早く仕事を覚えて皆様の力になれるよう努めていきます。

 

◆Q&A◆

Q.私は虫歯が多いのですが、赤ちゃんも虫歯になりやすいのでしょうか?

また、妊娠中にキシリトールガムを噛むと、赤ちゃんの虫歯予防になると聞いた事がありますが、本当でしょうか?

A.虫歯になりやすい歯並びや歯の質、唾液の性質など、遺伝的な物も確かにありますが

それよりも、赤ちゃんが育つ環境に左右されることが多いものです。

家庭での食事や飲み物の与え方、歯磨きなどの生活習慣が赤ちゃんの虫歯を作ります。

また虫歯菌はお母さんから赤ちゃんに伝播する事が多いですので、

妊娠中にお母さんの食生活の習慣の見直しを行い、赤ちゃんが生まれてから困らないようにしましょう。

妊娠中の歯周病も胎児への影響が報告されています。

妊娠中でも歯科検診は可能ですので、安定期に歯科にて妊婦歯科検診を受け、

虫歯や歯周病などがあれば早めに治療しておく事をお勧めします。

虫歯菌はキシリトールを取り込んでもエネルギーにする事ができないため、次第に虫歯菌の数は減少していきます。

妊娠中にキシリトールガムを摂取した方が赤ちゃんの虫歯菌の感染率が低下したとする報告もあります。

ただし、キシリトールガムは沢山摂取すると腸内細菌のバランスを崩し、下痢をしやすくなります。

同様に口腔細菌のバランスも変化し、耐性菌など新たな問題が起こる可能性があります。

また味覚形成の上から、甘党になるなどの指摘もあり、積極的利用を疑問視する意見もあります。

まずはお母さんの口の中を綺麗に保つ事が重要です。

 

♪♪♪エビソード♪♪♪〈4歳と5歳の兄弟の話〉

5歳のお兄ちゃんの治療中、ちょび泣きの兄を見て

弟「お兄ちゃん、男の子は泣いたらいけんよ。」

弟くんの励ましもあり兄の治療は終了。今度は弟くんの治療の番

スタッフ「〇〇くんも男の子だから泣かないよね~」

弟「…」

いつも元気におしゃべりする弟くんでしたが、今日は一言もおしゃべりをしていません。

じっと泣かないで治療を頑張っています。治療が終了した途端

弟「僕泣かなかったね!!男の子だね!!」

いつもの元気な弟くんに戻ってニコニコおしゃべりを始めました。

4歳の男の子のプライドにかけてきっとすごく頑張ったんだね!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA