あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月

あべ小児歯科通信 2022年3月号

あべ小児歯科通信 2022年

3月号

No.209

TEL 35-8640

 

3月になり、日に日に暖かくなって来ましたね。コロナのため学校行事など十分に行えず残念でしたね。来年度こそは収束してほしいですね。旅行にも早く行きたいです!

 

◆Q&A◆

Q.歯磨きガムやシュガーレスガムを食べると虫歯になりませんか?キシリトールは虫歯になりませんか?

A.歯磨きガムやシュガーレスガムを食べるだけでは歯の表面にできたプラークなどは除去できませんので、しっかりと歯磨きをする事が大切です。

ガムによる虫歯予防効果の1つは、ガムを長い時間咬み続ける事で唾液が沢山出て口の中が洗い流されるので、虫歯が作られにくい環境になります。

また、そのようなガムには砂糖の代わりに代用甘味料が使われていて、虫歯原因菌が砂糖と違い利用できないため、菌を溶かす酸を作りにくい事から予防効果は期待できます。

その代表がキシリトールです。

ただし、強い甘みがあるため、子供達が甘い物だけを欲しがる事のないよう上手に利用する事が大切です。

キシリトールは、虫歯になりにくいようです。

虫歯の原因となる細菌が歯垢(プラーク)を作り、歯を溶かす酸を作る事を阻止できるからです。

また、細菌の増殖を抑える作用もあります。

このように砂糖の代わりとなる代用甘味料はキシリトール以外にもエリスリトール、ソルビトール、マンニトール、マルチトール、パラチニットなどの糖アルコール、パラチノース、アスパルテーム、ステビオシド、スクラロースなど色々あり虫歯予防だけでなく、糖尿病の予防、ダイエットにも利用されています。

ただしキシリトール、パラチノース含有と表示されていても他の成分としてショ糖、ブドウ糖なども含有されていた場合には、分解されて酸が産生されて虫歯になる可能性がありますので、ガムなどを選ばれる場合は成分表示をしっかり確認されて購入されるようにして下さい。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈7歳の男の子の話〉

治療が終わり会計の時、お母さんが7歳の男の子に支払いを任せました。

スタッフ「1080円です。」

男の子「えーっと千円ないから1万円とあと80円出そう。」

男の子は一生懸命に10080円を出しました。ホッとした表情の男の子。

スタッフ「すごーい。自分で会計できるんだねー。」

母「あっ、ごめん、歯ブラシ2本買うんだった。」

スタッフ「全部で1608円になります。」

ホッとしたのも束の間男の子は今度は1万円と608円を出しました。

スタッフ「よく出来ました。じゃあおつりはいくらかな?」

男の子「9000円。」

スタッフ「正解です。すごーい。」

スタッフとお母さんに褒められて男の子は嬉しそうに笑いました。