あべ小児歯科通信

当院から毎月発行される「あべ小児歯科通信」です。治療のエピソードなどを掲載しています。

矯正治療を
始めるに
あたって
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

あべ小児歯科通信

あべ小児歯科通信 2018年8月号

あべ小児歯科通信 2018年

8月号

No.170

TEL 35-8640

 

いよいよ、夏本番の暑さがやってきましたね!熱中症には気を付けて、花火や海など残りの夏を楽しみましょう!

 

◆Q&A◆

Q.妊娠してから時々歯磨きをしなくても出血する事もあります。

この症状は、妊娠と関係がありますか?何か病気によるものではないかと心配でなりません。

また、歯周病があるとお腹の子に影響はありませんか?

A.妊娠して女性ホルモンが急増すると、歯肉の反応性が高くなったり、

女性ホルモンを好む歯周病細菌が増えて、歯肉の炎症が起こりやすくなります。

また唾液が酸性になって口の中がネバネバしやすくなります。

さらに、つわりで食事の好みが変化したり、空腹を避けるため食事(間食)の回数が増えたり、

吐きやすいので歯磨きが十分にできなかったりすると、口の中の衛生状態も不良になり、歯肉炎がひどくなる事があります。

女性ホルモンの変化による歯肉の炎症や腫れは、出産後にホルモンが元に戻ると症状も治まってきます。

しかし腫れて出血しやすいと歯磨きをするのが怖くなったり、

腫れているため汚れを落としにくかったり、つわりで歯磨きがうまくできなかったり、

ちょこちょこ食べるため歯磨きが追いつかなかったりすると、歯の汚れや歯石が原因の歯周病も起こってきます。

歯周病と言っても、歯肉が腫れたり出血するという歯肉炎だけでなく、

歯肉の慢性炎症のために歯を支える骨(歯槽骨)まで下がってしまい、

歯が動揺したり膿が出るという歯周炎になってしまうと、いろいろ問題も出てきます。

特に妊婦の中等度・重度の歯周炎は早産(低体重児出産)のリスクを高めるというデータも出ています。

歯周炎の重症化も防ぐためには、できるだけきちんと歯磨きをする事と、専門的な歯の清掃や歯石の除去を行う事が望まれます。

行政で行っている妊婦歯科検診などを利用して口の中の状態をチェックしてもらったり、

かかりつけの歯科に相談して安定期のうちに歯のクリーニングや歯石を取ってもらう事などをお勧めします。

そして気分の落ち着いている時に少しずつでも歯磨きをする事で、歯肉炎を悪化させないようにしましょう。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈7歳の男の子の話〉

治療中いつも泣いてしまう男の子。

スタッフ「もうすぐ終わるからね~!」

と声をかけるも泣きやみません。すると、

お母さん「この子、いつも家で真似して歯医者さんごっこしているんですよ。私がいつも患者さんの役です。」

と教えてくれました。

今は泣いているけど、男の子の家での得意そうな様子が目に浮かび、微笑んだスタッフなのでした。(´∀*)

あべ小児歯科通信 2018年7月号

あべ小児歯科通信 2018年

7月号

No.169

TEL 35-8640

 

梅雨も明け、七夕にプール、夏祭りと行事がいっぱいの夏がやってきましたね♪

暑さに負けないくらい沢山遊びましょう!

 

◆Q&A◆

Q.10ヶ月の女の子です。家中の物をかじって傷だらけにします。

木の机やスチール製の椅子などを硬ければ硬いほど固執するようにかじっています。

おもちゃを与ても、かじる以外の遊び方をしないので、口の中にトラブルが起きるのではと心配しています。

どうすればやめさせる事ができるでしょうか?

A.赤ちゃんはいろいろな大きさ、硬さの物を噛みながら、噛んだ時の感触を学習していると考えられます。

乳児期は、手に触れたものを何でも口に持って行くのが特徴とも言えます。

乳歯が生える前は舐めたり、しゃぶったりしますが、

歯が生えてからは噛んだり、かじったりという行動に移行します。

この時期、最も感覚が鋭敏な口を使って物を確かめようとしていると考えられます。

物をかじるという行動は、上下の前歯が生えてきた時期によく見られる行動で

新しく生えてきた歯を使って噛んだ時の感触を学習していると思われ、これは発達の自然な一過程とも言えます。

また上下の前歯が生えてくると、歯ぎしりがさかんになる赤ちゃんもいます。

これも上下の歯の当たり具合を学習しているものと解釈されます。

ただ、歯が入り込むような玩具は危険です。

また、つかまり立ちなどをしながら玩具を噛んでいて、転ぶ事のないよう気を付けましょう。

赤ちゃんには安全な物と危険な物を選び分ける能力がないので、

口に持っていく物の安全性には充分注意し、家具も噛んで危ない物には近づきにくい工夫をしましょう。

1~2歳になっても噛み癖が続いている場合は、一緒におしゃべりをしたり、

本を読んだり、外遊びに誘ったり、手や口を使った遊びをして、噛むことよりも楽しい事を探して下さい。

気分を変え、他の遊びに誘うなど興味の対象を広げてあげる方が得策です。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈5歳の男の子の話〉

フッ素塗布をして今日で治療が終わりの男の子。

フッ素塗布が得意ではないようです。

スタッフ「〇〇くん、フッ素しようかー!」

男の子「…。」

少し涙ぐみながらそっぽを向いてしまいました。

スタッフ「フッ素頑張ったらプレゼント選んでおしまいだよー!」

すると男の子はやる気が出たようにこちらを向いて来てくれました。

スタッフ「頑張ろっか!!」

男の子「うん!!プレゼント選ぶ!」

プレゼントの為に頑張る姿がカッコよかったです♪

 

あべ小児歯科通信 2018年6月号

あべ小児歯科 2018年

6月号

No.168

TEL 35-8640

 

長い雨の続く、じめじめとした梅雨の季節になりましたね。

暗い気分を吹き飛ばすようなカラッと晴れた夏の日差しが少し待ち遠しいです。

 

◆Q&A◆

Q.2歳の男の子です。もともと食が細く、食べ物の好き嫌いの多い子で、

ヨーグルトやシチューなど柔らかくて食べやすい物ばかり好むせいか、

保育園の先生から食べ物を丸飲みしてしまうと指摘され、大変ショックを受けました。

これから嚙む力をつけさせる事ができますか?

A.咀嚼機能は乳歯の生え方に応じて発達し、3歳頃までに獲得されるものです。

食が細かったり好き嫌いの多い子供では、食事に意欲がない事が多く、

食べやすい噛まなくてもすむ食形態のものを好む傾向があるようです。

生活リズムを整えたり、外遊びを増やしたり、おやつや飲み物を控えたりして、

おなかを空かせて食卓に喜んで向かっているかどうかを見てみましょう。

上手に噛めないで丸飲みしているようでしたら、少し噛みやすい食形態に調整したり、

噛みつぶしやすい煮物野菜などをやや大きめにカットして与ても良いでしょう。

「口の中に溜めたままなかなか飲み込めない(飲み込まない)」という訴えは、そう珍しいものではありません。

1歳頃は、まだ固形食を噛んで処理する咀嚼の能力が充分に育っていないので、

ちょっと食べにくいものだと溜めて飲み込めない食べ方が見られるようです。

また23歳を過ぎると、機能的に飲み込めないというより、食べる意欲が少ないために、

溜めて飲み込めないという食べ方が多く見られるようになります。

家庭で大きめの野菜をもぐもぐ、噛み噛みしたり、

手づかみで大きめの食べ物を口に運んで前歯を使って噛みとって、ひと口量を覚えたりという練習をして、

園での食形態アップに備えると考えてみましょう。

 

♪♪♪エピソード♪♪♪〈6歳の女の子の話〉

お父さんと治療に来ていた女の子。

スタッフ「〇〇ちゃん、中にどうぞ。」

女の子「お父さん、ついて来てよ!」

お父さん「分かった、分かった。」と女の子に頼られて嬉しそうなお父さん。

ところが隣の席で1人で治療を受けている男の子を見て…

女の子「やっぱり1人でいい。お父さん出て行って。」と冷たく一言。

「えっ!?」と寂しそうに出て行き、心配そうに待ち合い室で待っていましたが、

出てきた女の子を見て「がんばったね~!」と満面の笑み。

嬉しそうなお父さんと誇らしげな女の子に、つられて笑顔になるスタッフでした(o^―^o)